脱毛 PR

【全身脱毛】施術前の自己処理方法は?|おすすめ電気シェーバー紹介

pre-shaving
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

脱毛に通うには自己処理が付き物!適切に処理をしてから施術を受けましょう。

脱毛に通う際、脱毛施術を受ける部分について自身で前処理(剃毛)を行う必要があります。

本記事では、前処理に必須の電気シェーバーと前処理方法をご紹介します。
というのも脱毛の前処理では使用するシェーバーが非常に大事で、肌を傷つけずに適切な長さにシェービングを行う必要があるからです。

剃り残しがある場合は店舗によって追加料金が発生する場合があり、料金が発生しなくても施術時間が短縮し十分な施術を受けられない恐れがあります。
また、毛が長く残っていると脱毛効果が低下してしまいます。

特に男性の場合、自分で全身のシェービングをするのは慣れない方がほとんどのはずです。
女性でもVIOはやったことがない方も多いでしょう。

私も全身のシェービングは初めてだったので不安でしたが、
今回ご紹介するシェーバーを使うことで、毎回スタッフさんに「とても上手に処理してきて頂いてありがとうございます!」と褒めて頂けています。

適切な自己処理を行い、安全性・脱毛効果を高めて施術を受けましょう。

適切な前処理とおすすめシェーバー紹介

【前提条件】脱毛前処理に求められるポイント

シェーバーを選ぶ前に、まず「どのような前処理が求められるのか/どのような状態にしておくのが理想なのか」という点を確認しておきましょう。

脱毛のレーザー照射は、毛根と周辺細胞に作用します。
この時、毛が長いと熱エネルギー分散による脱毛効果の低下や、ヤケドの危険性が高まってしまいます

かといって無理にヒゲ剃り用シェーバーやT字カミソリなどで全身を剃ろうとすると、高確率で肌を傷つけてしまいます。傷や赤みがある部分は程度によって、その部分を避けた照射施術となってしまうので無理は厳禁です。(私も、脇やVIO部分を痛めた経験があります…)

  • 肌を傷つけない
  • 毛を2mm以下に処理できる
  • 全身/VIOの処理が可能

また毛を抜いたり除毛クリームで除去することは、ダメージを与えるべき発毛組織が無くなりレーザーが作用しなくなってしまうため厳禁です。
脱毛に通うには数万〜数十万円の費用がかかりますので、適切な道具で適切に前処理を行うことで脱毛の効果を最大限に引き出しましょう。

それではおすすめ商品を以下に紹介していきます。

①Panasonic フェリエ フェイスシェーバー ES-WF41

コチラの商品、オススメというより必須ともいえるおすすめ電気シェーバーとなります。

商品名はフェイスシェーバーですが、全身・VIOにも使用できます。
※Vライン等の太い毛に対してはパワー不足・引っ掛かりを感じることもあるため、下記②③の商品をご検討下さい。

特徴として刃先が丸いため肌を傷付けずにシェービングすることが可能で、脱毛に通う人の必須アイテムと言っても過言ではありません。

このシェーバーは実際に多くの脱毛クリニック・サロンでも推奨されている商品なので安心感があります。
(いくつかのお店ではワキやVIOのシェービングのため、この電気シェーバーを購入or持参するようになっています)

「これだと全身を深剃りできないんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、全身を深剃りする必要はなく、脱毛に必要な2mm以下の長さまで十分に対応できます。

値段も手頃なので、ケチって脱毛効果を下げてしまう方が圧倒的にもったいないです。
安全性もカミソリや他のシェーバーとは段違いなのでぜひ手に入れてください。

created by Rinker
¥2,890 (2024/05/25 13:32:48時点 楽天市場調べ-詳細)

本商品はマユカバーとマユコームが付属しており、
普段の身だしなみを整えることにも有用です。

②Panasonic ボディフェリエ ES-WR51/61

フェリエシリーズからボディシェーバーが登場しており、まさに全身脱毛に最適な商品となっています。

基本的な構造はフェイス用と同じですが、2枚刃の横溝が広いことと「3倍パワフルモーター」の搭載により太い毛が剃りやすくなっています。
※3倍パワフルモーターは防水タイプ(ES-WR61-P)のみ

防水タイプとドライ剃り専用タイプの2種類があり、水を気にせず使いたい場合は防水タイプ、フェイス用と同様に持ち運びしやすいドライ専用と選ぶことができます。

created by Rinker
¥3,671 (2024/05/25 13:32:48時点 楽天市場調べ-詳細)

③Panasonic フェリエ VIO専用シェーバー ES-WV60

フェリエシリーズとして、VIO専用シェーバーが販売されています。
男女関係なく使用できる商品です。

I・Oゾーン用に「スキンガード」という付属品があり、刃が直接肌に触れない状態で処理できることが特徴です。
刃はトリマー刃とネット刃の2種類が付属しており、
1)トリマー刃で太くて長い毛を短くカット
2)ネット刃で細かい部分までつるすべ仕上げ

フェイスシェーバーと比較すると少し値段は高くなりますが、VIOの太くて長い毛を楽に処理することができます。
VIO処理は実際にやってみると、想像以上に大変なんですよね…。なので少しでも処理が楽になることで十分に価値があると考えられます。

Panasonic フェリエ VIO専用シェーバー ES-WV60

前処理方法

施術の1~2日前にシェービングを行いましょう。簡単に手順を説明します。
※ヒゲについては当日にヒゲ用の電気シェーバーで剃っていれば問題ありません。

手順

1)長い毛を短くする
長い毛はまずボディトリマーやハサミ等で短くしていきましょう。
上記の②ボディフェリエや③VIO専用フェリエがあると、多くの毛をパワフルに短くできるので非常に楽です。

特に初回で毛が伸びている場合は大変ですが、ケガをしないよう数回に分けて処理を進めて下さい。

2)電気シェーバー(フェリエ等)で剃毛する
ある程度毛が短くなったら(~1cm)、上記にご紹介した毛先の丸い電気シェーバーで剃っていきます。
刃を寝かせて軽く肌に当てながら動かしていきます。

施術を受ける全ての部位について、シェービングを行なっていきます。
VIO周辺や皮膚の薄い部分は特に刃を立てないよう慎重に処理する必要があります
背中など手が届きづらい部位は、クリニックによって自己処理不要となっているためカウンセリング時に説明を聞きましょう。

可能であれば、自分でやりにくい部位は家族やパートナーにやってもらうのも良いですね。

ウデや脚の裏側(背面側)や手足の指先など、剃り残しがないようチェックしましょう。
顔や胴のウブ毛も見逃しやすい部分かもしれません。

まとめ|おすすめシェーバーと脱毛前処理について

脱毛に通うにあたって、施術日の1~2日前に自身での前処理が必要です。しっかり脱毛効果を得るためには重要なステップとなります。
しかし、なかなか全身のシェービング経験を持つ人は少なく、不安に思うことでしょう。

そこで、脱毛の前処理に必要な条件を満たすシェーバーとして“パナソニック フェリエシリーズ”をご紹介しました。
脱毛前処理での使用において、絶対的にオススメできる商品です。
(このフェイスシェーバーは脱毛をする/しない関係無しにも有用な商品です!!)

私自身もフェリエを使用して前処理することで、毎回スタッフさんに「すごく上手に剃ってきて頂いてありがとうございます!」と言って頂けています。

フェリエを相棒にしてなるべく楽に自己処理を行い、脱毛で綺麗な肌を目指しましょう!

created by Rinker
¥2,890 (2024/05/25 13:32:48時点 楽天市場調べ-詳細)